【荒木式】がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

2018年11月27日

健康寿命 ランキング

2018年3月に発表された都道府県別の健康寿命ランキング(男女別)
男性
1位 山梨 73.21歳
2位 埼玉 73.10歳
3位 愛知 73.06歳
  ・
  ・
  ・
44位 徳島 71.34歳
45位 愛媛 71.33歳
46位 秋田 71.21歳

女性
1位 愛知 76.32歳
2位 三重 76.30歳
3位 山梨 76.22歳
  ・
  ・
  ・
44位 京都 73.97歳
45位 北海道 73.77歳
46位 広島 73.62歳

男性はベストとワーストの差は2年。
女性はベストとワーストの差は3.3年。
長い?短い?
あまり変わらない気がするなあ〜。

posted by けんこん at 23:30| Comment(0) | 健康寿命 ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

平均寿命とは


2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳。世界でも2位に入る。
この平均寿命とは、0歳の人の平均余命と同じである。どういうことかというと、0歳の人は女の子ならあと87,14年生きる確率が高いということである。

主な年齢の平均余命が厚生労働省から発表されている。老人ホームに入居する平均年齢は84歳なので、85歳の平均余命をみてみると、、

女性 8.30年
男性 6.18年

つまり女性なら93歳まで、男性なら91歳まで生きる可能性が高いということになる。

平均寿命まであと〇年だから、このくらいの計画でいいだろうと計算していたりすると、大きな誤算になるので注意したい。

なお、健康寿命は女性74.21歳、男性71.19歳となっている。

posted by けんこん at 00:00| Comment(0) | 平均寿命 健康寿命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

低栄養 高齢者

ガッテン!でもとりあげていた高齢者の低栄養。たりないのはタンパク質なのだそうだ。
私たちの体はタンパク質でできていて、体内で作り出せないタンパク質は必ず食べて補給しないといけない。

しかし、ひところの玄米採食ブームのせいか、健康のために肉をさける高齢者も多い。しかし野菜からタンパク質はとれないので低栄養状態になってしまうらしい。

低栄養かどうかは血液検査でアルブミン値をみるとわかるが、症状としては皮膚の炎症がおこったり、傷が治りにくい、抜け毛や髪の脱色。感染症にかかりやすいなどがある。細胞をつくるタンパク質が不足していると思えば、このような症状も納得だ。

最近は、高齢者でも肉を食べましょう、毎日タンパク質をとりましょうなどと啓蒙活動がはじまっているが、一度、健康食=粗食とすりこまれてしまっていると、なかなか考えをかえるのは難しい。

そんなとき読んだのがこちら。30年以上前から、病気の原因は炭水化物だといいきっていた医師がいたのは驚きだ。やっと低糖質ダイエットなどが流行して、時代がおいついてきた感じがする。


炭水化物を完全にとらないのは難しいが、たんぱく質を意識してとると、自然と減ると思うので、ゆるく実践していこうと思う。まず、おやつをナッツ類にして、パンとかクッキーを間食にするのはやめてみた。

同じシリーズで、高血圧と糖尿病がある。健康診断で指摘を受けている人にはこちらもおすすめ。



ラベル:低栄養 高齢者
posted by けんこん at 23:17| Comment(0) | 健康寿命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

医薬品と医薬部外品

ネットで売っている健康食品などに「医薬部外品」と表示されていることがあります。
わざわざ医薬品じゃないって書いて宣伝になるのかと思いましたが、医薬部外品は意外とすごいということがわかりました。

医薬品は「治療」を目的とした薬で、厚生労働省から「配合されている有効成分」の効果が認められたもの。

医薬部外品とは、有効成分が一定量以上配合されているもの。
つまり厚生労働省のお墨付きの効果が認められた成分がはいっていますよ〜って意味だったんですね。なるほど。

ついでに「薬用」の表記は「医薬部外品」と同じだそうです。

意味をしると健康食品を選ぶのに役立ちますね!

posted by けんこん at 22:50| Comment(0) | 健康寿命 厚生労働省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

RIZAP

RIZAPといえば筋肉モリモリになるダイエットだから、シニアには無関係かと思っていたら、最近は自治体と組んでシニア向け健康増進プログラムを開催しているそうだ。

すでに静岡県牧之原市で実験的に行ったプログラムでは参加者の体力年齢が平均13.6歳若返りに成功。これはすごい。

2018年は、長野県伊那市でシニア向けに健康増進プログラムを行うそうだ。

「結果にコミットする」というRIZAPのコンセプトらしく、成果報酬型。
どんな結果になるのかな。

posted by けんこん at 00:18| Comment(0) | 健康寿命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする